電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 南三陸町のケーエスフーズ、痩せウニ陸上で収益源に

新聞記事

南三陸町のケーエスフーズ、痩せウニ陸上で収益源に

2022年01月01日

防潮堤背後地に完成、稼働を始めた陸上養殖施設


 水産加工の株式会社ケーエスフーズ(宮城県南三陸町、西條盛美社長、電話0226・46・8111)はウニ、ナマコの陸上養殖(蓄養)事業に着手した。地元漁業者が磯焼け対策で間引きした痩せウニを買い取り、歩留まりをアップさせて出荷するとともに放流用稚ナマコの育成なども手掛ける計画。先進的なIoT(モノのインターネット)技術を取り入れ、作業効率化や安定生産を実現しながら地域の漁業振興に貢献していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る