電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道の秋サケ魚価高、400億円台確保も

新聞記事

北海道の秋サケ魚価高、400億円台確保も

2021年12月13日


 北海道の秋サケは約4万8千トンと、3年連続の5万トン割れとなった。親、卵ともヒネ在庫の払底下、凶漁と競合する輸入鮭鱒の高値相場などで全道のキロ平均単価(11月末現在)は前年比2割高の788円に上昇し、水揚金額は3年ぶりに400億円を超えた。ただ、えりも以西を中心に特に太平洋側の来遊低迷が続き、浜間格差が一層深刻化。一方、消流は三陸の不振も相まって国産の品不足感が強まっているものの、価格上昇による消費鈍化や輸入鮭鱒の動向次第で停滞も懸念される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る