電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 消費地企業と環境耐性持つ育種を共同研究

新聞記事

消費地企業と環境耐性持つ育種を共同研究

2022年01月01日

育成している育種株


 北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの四ツ倉典滋准教授は、昆布加工大手のフジッコ株式会社(神戸市)と連携、共同施設で育種の研究を進めている。道内を中心に100産地以上の培養株を保存、交配・交雑を行い、高水温や貧栄養といった環境耐性に優れる株を選抜していくなど長期的な視点で技術開発に注力している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る