電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道秋サケ16年級、来シーズンに光明差す

新聞記事

北海道秋サケ16年級、来シーズンに光明差す

2022年01月01日


 3年連続2千万尾割れの低来遊となり、地域間格差も深刻化した昨年(2021年)の北海道の秋サケ。ただ、道総研さけます・内水面水産試験場の解析によると、18年級の3年魚が予測を大幅に上回ったほか、5年魚で回帰した16年級がオホーツクや根室・北部などで高齢化に転じ、資源回復へのサインが現れ、来季に向けて全道規模では光明も差した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る