電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 陸奥湾の稚貝へい死、近年最低

新聞記事

陸奥湾の稚貝へい死、近年最低

2021年12月13日


 青森県陸奥湾の2021年度秋季実態調査結果がまとまった。分散済み稚貝のへい死率は過去10年間で最低値に。採取時期が早く、水温上昇前の垂下であったことに加え、安静を保つことができ、分散時点で体力のある状態だったことを要因として示した。一方、20年産新貝のへい死率、異常貝率は平年値(過去36年間の平均値)より高く、耳づりの掃除作業を高水温時に実施したことで貝が衰弱し、体力を回復できなかったと示している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る