電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手秋サケ11月末現在7割減149トン

新聞記事

岩手秋サケ11月末現在7割減149トン

2021年12月13日


 青森、岩手、宮城の東北3県の秋サケ漁が今季も不振を極めている。各県のまとめによると、11月30日現在の沿岸漁獲量は青森252トン(前年同期比70%減)、岩手149トン(同73%減)、宮城75トン(同83%減)。好転の兆しは見えず、3年連続の大不漁となる公算が大きい。市場では品薄感が強く、浜値はかつてないほどに高騰している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る