電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > せたな町のマーレ旭丸、アカシマエビの食べる調味料で訴求

新聞記事

せたな町のマーレ旭丸、アカシマエビの食べる調味料で訴求

2021年12月06日

アカシマエビを使用した「焙煎珍味」を有効活用した 「食べるラー油」


 漁獲から加工・販売まで手掛けるせたな町の有限会社マーレ旭丸(西田たかお社長、電話0137・87・3455)は、日本海で厳寒期に水揚げするアカシマエビの風味を閉じ込めた「食べるラー油」を打ち出した。家庭料理研究家の監修で開発。10月にオンラインショップで販売を始めた。全国各地の物産展でも出店時に売り込んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る