電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾加工貝へい死止まり成長期待

新聞記事

噴火湾加工貝へい死止まり成長期待

2021年11月29日


 いぶり噴火湾漁協の加工貝(2年貝)出荷は、10月にスタートした伊達に続き礼文、有珠も開始し、12月には虻田、豊浦も加わり全5地区がそろう。へい死は伊達で増えている一方、4地区は例年並みの状況。垂下した耳づりの量は昨季より増えた着業者が多いため、「へい死が止まっていれば水揚げは昨季より増えそう」という声が多く聞かれる。浜値はキロ200円台中盤と高値に推移しており、着業者は「数年続いた水揚げ不振を少しでも挽回したい」と意気込む。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る