電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サロマ湖カキ各地で身入り良好

新聞記事

サロマ湖カキ各地で身入り良好

2021年11月22日

湧別漁協の1年むき身袋詰め(11月9日、湧別漁協市場)


 サロマ湖でカキの水揚げが始まった。身入りは3単協(湧別、佐呂間、常呂漁協)とも良好で、1年むき身は湧別が日量1トン前後、常呂が500~600キロと順調にスタート。浜値はキロ千円と「なんとか4桁を維持している」(湧別漁協市場)状況だが、新型コロナウイルス禍に収束の兆しが見えており、関係者は需要期の消費拡大を期待している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る