電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道、木古内でサクラマス養殖試験開始

新聞記事

道、木古内でサクラマス養殖試験開始

2021年11月22日

いけすに400尾の稚魚を投入した


 北海道での魚類養殖事業化による生産増大の可能性を探るため、道水産林務部は15日、木古内町の木古内漁港・釜谷地区に設置したいけすにサクラマスの稚魚400尾を投入した。来年6月下旬ごろに水揚げ。今後は育成作業などの業務を委託した上磯郡漁協の組合員が給餌。道は今後、生残率などのデータを収集するほか、販売戦略を練り上げていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る