電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 釧路シシャモ良型主体も群れ薄く

新聞記事

釧路シシャモ良型主体も群れ薄く

2021年11月15日

浜値が高騰しているシシャモの荷揚げ(11月8日、白糠漁港)


 釧路管内(白糠漁協、釧路3単協)のシシャモは、低調だった昨年を大幅に下回る凶漁で推移している。昨年に比べ開始時期が早かったため、11月10日現在で操業日数は増えているものの、水揚げ数量は白糠35%減、3単協43%減と大苦戦。良型主体も群れは極めて薄く1隻当たりの日量は箱数にして1桁が大半。平均単価は高値だった昨年を大きく上回り、キロ5千円台(税込み)まで高騰しているが、着業者は「いくら高値でもこの漁では……」と肩を落とす。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る