電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 「久慈育ち琥珀サーモン」本格始動

新聞記事

「久慈育ち琥珀サーモン」本格始動

2021年11月15日

久慈湾内のいけすに稚魚を投入する定置網漁業者ら(11月11日)


 岩手県の久慈市漁協(皀健一郎組合長)はサケ・マス類の海面養殖事業の区画漁業権免許を取得し、久慈湾のギンザケ養殖を本格始動させた。稚魚60トンの搬入が間もなく完了。一般公募で決めた「久慈育ち琥珀(こはく)サーモン」のブランド名で、来年5~8月に前季の4倍となる600トンの上場を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る