電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 宗谷のタコいさり、シケ後に好転の兆し

新聞記事

宗谷のタコいさり、シケ後に好転の兆し

2021年11月01日

ミズダコの荷揚げ作業(10月25日、宗谷港)


 宗谷漁協のタコいさり漁は、昨年を下回る低調な水揚げだが、10月後半から増産する船も増えてきた。1隻日量200~300キロから多い船は600キロ前後に好転。着業者は「水温が下がりシケ後に見えてきた。例年1トン前後揚がる時期。最後に獲らせてほしい」と期待を込める。一方、浜値はキロ600円台と高値基調。金額は昨年を1割ほど上回っている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る