電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > イカ釣漁、マグロ被害に苦悩

新聞記事

イカ釣漁、マグロ被害に苦悩

2021年11月01日


 「この問題が放置されたままでは、イカ釣漁業を継続することさえ難しい」─。そう窮状を訴えるのは、ひやま漁協江差地区でイカ釣漁に着業する藤谷一明理事。天敵であるクロマグロの来遊で漁場での漁が下火になるほか、漁具被害などが発生。国際的な資源管理の枠組みでクロマグロの漁獲量が厳しく制限されたここ3年ほどの被害に漁業者は頭を痛めており、「年月がたっても事態は何も改善していない」と肩を落とす。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る