電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > いぶり噴火湾漁協加工貝、21年度当初計画1万トン

新聞記事

いぶり噴火湾漁協加工貝、21年度当初計画1万トン

2021年10月11日

昨年の加工貝出荷(伊達支所)


 いぶり噴火湾漁協の2021年度加工貝(2年貝)水揚げ計画は、現時点で約1万トンを想定している。今後の聞き取り調査で最終的な計画量を固める予定だが、少なくとも20年度実績の1.5倍には増えるもよう。一方、毎年10月から水揚げする伊達地区の「早出し」は今週から数軒が開始する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る