電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 生筋子相場高騰で拡販厳しく

新聞記事

生筋子相場高騰で拡販厳しく

2021年10月11日

相場高騰で価格訴求に苦戦している生筋子の売り場(札幌市内)


 札幌市中央卸売市場の生筋子消流は、10月上旬まで取扱数量が昨年より落ち込んでいる。いくらの在庫払底と低水準の水揚げから大手加工業者主体にいくらの原料手当てで相場が昨年比3~4割高に上昇。量販店などの引き合いはあるものの、必要最小限に需要が縮小、拡販に苦慮している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る