電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 水産環境、厳しさ指摘-金子新農水大臣が就任会見-

新聞記事

水産環境、厳しさ指摘-金子新農水大臣が就任会見-

2021年10月11日


 岸田文雄新内閣が4日発足した。金子原二郎農林水産大臣は5日の就任会見で、コロナ禍で外食産業やそれを支える1次産業が多大な影響を受けているとして「政府と一体となって外食産業を支援するほか、農林漁業者や食品産業の生産の継続や販売促進に向けて十分な対策を実施していく」と述べた。また、漁業環境の厳しさを指摘した上で、資源回復の必要性を訴えて気候変動への対策などを重視していく方針を示した。地域に寄り添い、現場を重視することを崩さず、漁業者の声を聴く姿勢を強調した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る