電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城カキ10月11日出荷開始

新聞記事

宮城カキ10月11日出荷開始

2021年09月27日

放卵状態などを確認した品質検査会


 宮城県漁協は、今季の県産生食用むき身カキの出荷を10月11日に開始する。県は指針で毎年9月29日を出荷解禁日と定めているが、卵持ちが多いことなどから同日までに出荷に適した品質にならないと判断。11月から入札会場を石巻に一本化し、共販体制を強化する方針も決めた。来年6月までに昨季並みの約1600トンの出荷を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る