電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 釧路市東部漁協、タコ箱試験操業に着手

新聞記事

釧路市東部漁協、タコ箱試験操業に着手

2021年09月20日


 釧路市東部漁協は、今年から特別採捕によるタコ箱試験操業を開始した。漁獲対象をミズダコに限定。漁場は釧路海区の水深40メートル以浅に制限するほか、3キロ未満の小さな個体を海中還元するなど資源保護に努めながら操業する。裁割した生足を発泡下氷で詰め道内外各市場に出荷、豊洲ではキロ1400円の好値を付けた。1年目の操業は9月15日に終了、来季に向けブランド化も視野に入れる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る