電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾エビかご主体のメス高値スタート

新聞記事

噴火湾エビかご主体のメス高値スタート

2021年09月13日

メス中心のボタンエビ(9月6日、砂原漁協市場)


 噴火湾のエビかご秋漁が始まった。序盤はボタンエビの入る場所が少なく、渡島3単協(砂原・森・落部漁協)とも好漁場に集中し船間格差が開いている状況。大半が1隻日量100キロ未満となり、好漁年と比べ苦戦を強いられている。組成はメス中心でキロ3千円台と昨年より高値発進となった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る