電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海建マス平成以降最低のペース

新聞記事

オ海建マス平成以降最低のペース

2021年09月06日

極度の来遊不振に見舞われているカラフトマスの荷揚げ(8月26日、斜里漁港)


 オホーツク管内の建マス(カラフトマス)は、記録的不漁で推移している。今年は隔年周期の不漁年に当たるが、平成以降最低だった一昨年(最終実績1216トン)を大幅に下回る状況。河川そ上も芳しくなく、親魚確保のため、1次(8月12~16日)に加え、2014年以来となる2次の自主規制措置を実施。マス小定置の終期を3日間前倒しし、8月28日に網揚げした。9月1日からサケ・マス定置が操業している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る