電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 釧路水試が道東・タコ漁資源評価を高度化へ

新聞記事

釧路水試が道東・タコ漁資源評価を高度化へ

2021年08月09日


 道総研釧路水産試験場は今年度から道東太平洋海域で漁獲される主要魚種・ヤナギダコの資源評価手法の高度化に取り組む。現行は生態的特徴などの知見が少なく、漁獲量から資源状態を判断している状況。漁業の実態やタコの行動生態などを調査・解析し、資源量の指標値を見いだし、持続的利用につなげていく。併せて科学的根拠に基づいて漁業者が自主的に取り組む資源管理を後押ししていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る