電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 来遊量なお低水準-水産庁サンマ漁海況予報

新聞記事

来遊量なお低水準-水産庁サンマ漁海況予報

2021年08月02日


 水産庁が7月30日に発表した北西太平洋サンマ長期漁況予報によると、漁期を通じた来遊量は過去最低の漁獲量だった昨年を上回るものの、依然低水準と予想している。組成も生鮮向けとなる1歳魚が昨年より大きいが、割合は50%を下回る低位。漁場も沖合で、今年も道東沿岸の形成は期待できない様相。引き続き厳しい生産状況が懸念される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る