電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白神地区潜水マボヤ、SNS駆使し販売に力

新聞記事

白神地区潜水マボヤ、SNS駆使し販売に力

2021年07月26日

身が厚く甘味があり味も濃いという白神産のホヤ


 松前さくら漁協白神地区でマボヤ潜水漁を営む鳴海敦士さんは、水揚げの傍ら、町民中心に受注配達する「街売り」を行うなど、販売宣伝にも力を入れている。リピーターが多く、毎年新聞の折り込みチラシで漁期開始を周知。口コミで評判が広がり町外からの注文も獲得したことを契機に、遠方への鮮度保持対策として活魚タンクを導入した。また、SNSを活用して情報発信するほか豊洲市場にも出荷。「松前・白神産の知名度向上、販路拡大につながるよう発信力を高めていきたい」と力を込める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る