電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 神奈川県内漁協キャベツウニ蓄養、着実に歩み

新聞記事

神奈川県内漁協キャベツウニ蓄養、着実に歩み

2021年07月26日


 神奈川県内の漁協では、県水産技術センターの指導を受けながら、キャベツを餌として与えるムラサキウニの蓄養に取り組んでいる。7月上旬までに今シーズンの出荷を終えた。水槽を設けての陸上養殖では、「まだ検証、改善の余地はある」としながらも地域の特産化に向けて着実な一歩を刻んでいる。一方、海上養殖では水温変化の影響を直接受けることが大きく、出荷のタイミングで難航。身入りの不安定さもあり、蓄養の難しさに直面しているようだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る