電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 函館市漁協イカ釣り今季も苦戦

新聞記事

函館市漁協イカ釣り今季も苦戦

2021年07月05日

スルメイカの荷揚げ。不漁だった昨年より漁は薄く型も小さい(7月1日、函館漁港)


 函館市漁協のスルメイカ釣漁は今季も苦戦を強いられている。解禁から1カ月が経過したが群れは極端に薄く、全体の水揚数量は不漁だった前年同期に比べ半減。いけすの上限70キロに満たないこともある。サイズも小型で、発泡はバラ主体。着業者は「数年前の不漁が今の大漁。そのくらい悪い」と嘆く。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る