電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「定置網用仕切網」で海獣シャットアウト

新聞記事

「定置網用仕切網」で海獣シャットアウト

2021年06月28日


 歯舞漁協所属「共栄丸漁業部」の宮下道博さんが考案した海獣対策の「定置網用仕切網」が昨年、実用新案に登録された。たまり網の中ほどに設置することで、網内部が前・後部に分かれ、仕切網の目合いを通過できる魚だけが後部にたまる仕組み。海獣は後部へと浸入できず、漁獲物の食害軽減につながる。宮下さんは2年間の試験導入で「アザラシによる被害が大幅に減った。漁獲量への影響もなく、むしろ伸びた網もある」と効果を実感する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る