電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協、販売低迷も9期連続黒字

新聞記事

宮城県漁協、販売低迷も9期連続黒字

2021年07月05日


 宮城県漁協(寺沢春彦組合長)は6月30日、塩釜総合支所で2021年度通常総代会を開き、当期剰余金1億1365万円(前年度比55%減)を計上した20年度業務報告を承認した。新型コロナウイルス感染症による需要減退が直撃し、販売事業が落ち込んだが9期連続の黒字を確保した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る