電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 漁業者の資金需要支える次期中期計画の策定着手-道信漁連-

新聞記事

漁業者の資金需要支える次期中期計画の策定着手-道信漁連-

2021年06月21日


 道信漁連(深山和彦会長)は、コロナ禍の影響を受けた漁業者などへの金融支援を継続するとともに、水産政策に基づく新たな設備投資の情報収集の実施で資金需要を的確に把握し、浜のニーズに対応した融資に努める。また、漁業・金融環境を踏まえた次期中期計画(22年度から3カ年)の策定に着手する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る