電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > コロナ禍変容社会に適応へ-道漁連-

新聞記事

コロナ禍変容社会に適応へ-道漁連-

2021年06月21日


 道漁連(川崎一好会長)は、コロナ禍で変化した新たな生活様式(ニューノーマル)に適応した各種施策を拡充強化し、販路拡大を目指す。また、生産回復に向け、ICT技術の活用など効果的な海況情報の収集や漁業管理手法の検討、生産性の向上による経営基盤の強化につなげる取り組みを推進する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る