電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 「温暖・酸性・貧酸素化」生産に深刻な影響を研究者指摘

新聞記事

「温暖・酸性・貧酸素化」生産に深刻な影響を研究者指摘

2021年06月21日


 北海道大学大学院地球環境科学研究院や国立環境研究所、海洋研究開発機構、水産研究・教育機構らでつくる研究グループは、地球温暖化や海洋酸性化、貧酸素化が将来、北海道沿岸域の水産対象種に対して深刻な影響を及ぼす可能性を指摘した。これらが及ぼす複合影響を評価、予測したのは初めて。その影響を回避するには、人為起源CO2排出の大幅削減が不可欠であることを示唆。陸域からの物質流入の調整など、地域での施策がこれらの影響を軽減する上で有効であると提言する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る