電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白糠の第三十一宝栄丸付加価値向上に船上放血・神経抜き

新聞記事

白糠の第三十一宝栄丸付加価値向上に船上放血・神経抜き

2021年06月14日

専用ノズルを使った胃袋洗浄。手前は排出された胃の内容物


 白糠漁協の「さけ定置第3号」(新保太平代表)は、「第三十一宝栄丸」(木村太朗船頭)で漁獲するサケ類を中心に付加価値向上に取り組んでいる。船上で放血・神経抜きなどを施すとともに、株式会社リバーサー(釧路市、松田英照社長、電話090・6875・0910)が開発・販売する専用ノズルを使い胃袋を洗浄。鮮度保持も徹底する。同漁協市場のほか、道内外の飲食店にも直送し高い評価を得ている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る