電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 乙部アカモク着々浸透

新聞記事

乙部アカモク着々浸透

2021年05月31日

アカモクの異物除去作業


 ひやま漁協乙部支所ナマコ協議会の加工部門(日沼賢澄部門長)が製造・販売を手掛けるアカモクの商品が着実に浸透している。4月には江差町のアンテナショップ「ぷらっと江差」と鹿部町の道の駅「しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」でパック詰めの販売を開始。日沼部門長は「売れ行きは好調」と手応えをつかんでいる。
 

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る