電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 田老町間引きウニ蓄養順調

新聞記事

田老町間引きウニ蓄養順調

2021年05月17日

端材ワカメなどで身入りが向上した蓄養ウニ


 岩手県宮古市の田老町漁協(小林昭榮組合長)は、海の磯焼けで身入りが悪いウニを間引きして陸上蓄養する実証事業を進めている。昨冬から約3カ月半、照明を当てながら端材ワカメなどを与えたところ、可食部分の生殖巣の割合が7倍に増えた。漁場の環境改善を図りながら、新たな出荷モデルを構築して漁業者の収入アップを目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る