電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道総研中央水試と北大理学研究院、冷凍ウニの新製法を開発

新聞記事

道総研中央水試と北大理学研究院、冷凍ウニの新製法を開発

2021年03月22日


 道総研中央水産試験場と北大理学研究院は、冷凍ウニの新製法を開発した。糖と水溶性食物繊維の混合液に浸漬し液ごと凍結。試験では解凍後の身崩れや食感の低下がなく、生ウニの品質を保持。マイナス25度以下の通常の冷凍庫で製造できるのも利点。実用化に向けて製造現場で実施可能な製造工程の確立へ浸漬液の調整方法など改良を進めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る