電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 理工エンジニアリング、「三角骨」対応フィレマシン完成

新聞記事

理工エンジニアリング、「三角骨」対応フィレマシン完成

2021年01月25日


 理工エンジニアリング(株)(高知県高知市、有光功社長)は中~大型魚に対応する新型のフィレマシン HS―10CW 型を完成させた。最大の特長は、これまで処理が困難だった三角骨を持つ魚種にも対応できるようにしたことで、スケソウダラやマダラのフィレ加工を可能にした。漁獲量が低減する一方で、地域によっては今まで見られなかった魚種が獲れるようになるなど予測が困難な時代。有光功社長は「このマシンがあれば、中型からある程度の大型魚までカバーできる」と自信を示している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る