電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 久慈市漁協養ギン3季目始動

新聞記事

久慈市漁協養ギン3季目始動

2020年11月09日

久慈湾に設置したいけすに投入されるギンザケの稚魚(6日)


 岩手県の久慈市漁協(皀健一郎組合長)が取り組む、久慈湾のギンザケ養殖試験の3季目が始まった。試験最終年度の今季は事業化がいよいよ視野に入る。いけすを1基増設し、来年8月中旬までに約200トンの水揚げを目指す。海水のシャーベット氷でしめた鮮度の良さと、水揚げ期間の長さが「久慈ギンザケ」の武器。産地化に向けた取り組みを加速させる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る