電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道

新聞記事

北海道一覧

掲載日:2017.05.15

函館市漁協 養殖ガゴメ収穫開始

ピンチでつるし乾燥させる養殖ガゴメ(同)

 函館市漁協根崎地区で養殖ガゴメの水揚げが始まった。例年に比べ生育がやや遅いため「序盤は様子を見ながらの水揚げ」と岩田和晴養殖部会長。4月中旬に発生した低気圧による大シケでは葉体が若干傷んだが「製品化に支障を来さない程度」と大きな被害は免れた。


掲載日:2017.05.15

江差小定置 サクラマス船上神経じめ

漁獲証明書を入れ出荷する船上神経じめのサクラマス

 ひやま漁協江差地区の江差活じめ鮮魚販売部会の小定置業者2軒は今年から本格的にサクラマスの船上神経じめ出荷を始めた。大型定置に比べて水揚量は少なく、手間を惜しまず、鮮度、見た目、品質管理など随所に工夫を凝らす。傷がなく、2キロ以上の良型は函館市場に出荷、函館市内の流通業者から好評を得ている。


掲載日:2017.05.15

新星マリン(臼谷)・喜宝丸のタコ箱

 新星マリン漁協の臼谷地区でタコ箱漁に着業するタコ・カレイ部会長の阿部喜三男さん(喜宝丸=4・6トン)は、3本の幹綱と長めのアンカー綱で安定化を図っている。6年ぶりに復活させるタコ箱漁オーナー制の開催を前に、その意気込みと漁具・漁法を聞いた。


掲載日:2017.05.15

小樽・一鐵 浜の声に応えるアンカー

爪に厚みを持たせて耐食性の高い構造にした両爪アンカー

 アンカーの製造・販売を行う株式会社一鐵(一鉄安司社長、小樽市、電話0134・64・1831)は浜の要望に応えるため全国では珍しい鍛造製法で生産している。漁場の地形や底質などを参考に船舶をはじめ定置・刺網といった漁具に使うものも製造。加賀前田藩御用達の刀鍛冶の流れをくみ、一つ一つ手作業で仕上げている。


掲載日:2017.05.01

回転ずし「根室花まる」 進出1年 銀座で堂々

外国人客も多く来店する銀座店

 回転ずしチェーンの「根室花まる」を展開する株式会社はなまる(根室市)が飲食の激戦区、東京・銀座の商業施設「東急プラザ銀座」内に2店舗を同時にオープンして4月で1年。老舗や名店がひしめく銀座にあっても勢いは止まらない。うち1店は同社初の立ち食い形式で勝負している。都内では今年4年目を迎えた東京駅前のKITTE丸の内店が先行し、道外でのブランド構築の礎を担ってきた。銀座と丸の内、3店を統括している及川慶太店長は「東京チームで月商1億円も決して無理な数字ではない」と、次を見据えている。


掲載日:2017.05.01

サクラマス 定置・釣りとも薄漁

シケに漁の切れ間に入ったサクラマス(4月21日、木直支所)

 南かやべ漁協のサクラマスは定置・一本釣りとも好漁だった前年同期を下回っている。定置は4月上旬に1操業で1000尾を水揚げした漁場もあったが次第に減速。一本釣りは低調な水揚げのまま終盤を迎えた。浜値は薄漁を映し高値で推移している。


掲載日:2017.05.01

オ海造成貝 170円前後で発進

紋別漁協の漁場造成水揚げ作業(4月24日、紋別港)

 オホーツク海では、漁場造成の初回値決めが行われ、大半はキロ200~150円の範囲内で妥結された。歩留まりは7~9%。平均的な価格帯は170円前後となっている。


掲載日:2017.05.01

帯広地方卸売市場

 帯広地方卸売市場株式会社(高橋正行社長)は、営業倉庫事業を担う冷蔵庫棟(庫腹2000トン)の冷凍・冷却設備を一新した。老朽化に伴う更新。国際的なフロン排出規制の強化、環境負荷軽減などを勘案し、冷凍機の冷媒は従来のフロンR22から自然冷媒・アンモニア(NH3)に切り替えた。


掲載日:2017.05.01

道南の養殖4月中旬に大シケ 影響は限定的

被害状況を確認する着業者

 道南地区で間引きなど養殖コンブの手入れが進む中、4月中旬の低気圧で大シケが発生した。主産地・南かやべ漁協は「ロープが切れたり脱落したり多少の被害はあった」という。状況は施設によって異なるが「全体的に見ると昨年1月のような大規模なものではない」と説明する。


掲載日:2017.05.01

ミューアクアリオ(札幌)

 初めて立ち寄る人は「水産新聞見た」で70分飲み放題3000円、焼酎ジャパンが2000円とサービス満点。平日2~3人、土曜3~4人の女性が迎えてくれる。「おしゃべりが好きな女性ばかり。誰でも楽しめます」と笑顔がすてきなみゆママ。


このページのTOPへ戻る