電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道

新聞記事

北海道一覧

掲載日:2017.12.04

札幌大成 「3D冷凍」でタラバ商品 安定供給へ

新たに導入した3Dフリーザー

 カニなど卸・加工の株式会社札幌大成(札幌市、作間健太郎社長、電話011・633・8020)では、年末年始用やギフトなどで販売が伸長しているタラバガニ1肩のシュリンクパックの生産が最盛期に入った。今年急速冷凍の新技術「3D冷凍」のフリーザーを新たに備え、商品の品質向上と併せて生産性を大幅に増強。取引先の追加注文などへの対応力を高め、安定供給に臨んでいる。


掲載日:2017.12.04

ナマコ増殖 枝幸、簡易採苗に挑戦

今年の簡易採苗試験。高い確率で採卵できた(8月、枝幸町提供)

 枝幸漁協は今年初めてナマコの簡易採苗試験を行った。なまこ部会員も参加し宗谷地区水産技術普及指導所枝幸支所の協力を得てデモンストレーション。来年も同様の簡易採苗を行い同部会の取組方針を検討していく。


掲載日:2017.12.04

湾中 カキ出荷本格化

身入りが急速に回復しているカキ

 根室湾中部漁協の養殖カキの冬出荷は、12月に入って本格化してきた。今季は産卵が例年より1カ月ほど遅れたが、身入りが急速に回復。一部でへい死が発生し、減産見通しの着業者も出ているが、同漁協は「今年も全体では昨年同程度の10万個の出荷を目指す」と話す。


掲載日:2017.12.04

湾中 アサリ漁場管理にドローン

根室市内4単協の中で初めて導入したDIJ株式会社の「PHANTOM4」

 根室湾中部漁協は来春からアサリ漁場の観察にドローンを活用する。広範囲に造成した砂利や土嚢などの配置場所を空撮で確認し、アサリの成育安定を図る。


掲載日:2017.12.04

知内かき、出荷始まる

「知内かき」のむき身作業(11月28日、中ノ川地区)

 「知内かき」のブランドで知られる上磯郡漁協中ノ川支所の養殖カキは、11月上旬に水揚げ・出荷が始まった。ただ放卵後の身の回復が遅いため、同月末現在まだ操業していない漁家も多く、本格化はもう少し先になりそうだ。


掲載日:2017.11.27

マダラ北海道内で本格化

水揚げが低調なマダラ(21日、釧路港)

 北海道のマダラ漁が本格化している。水揚げは網走、稚内、小樽などで昨年より好ペース。一方、消流は11月中旬まで関東など本州で暖かい気候が続いて鍋物需要が弱く、荷動きが鈍かったが、真冬並みの寒気が入った下旬から活発化。末端の需要が強まり、加工業者のフィレーなどの生産も増大してきている。


掲載日:2017.11.27

2016年度釧根管内漁業・水産会社売上高ランキング 笹谷商店7年連続首位

 株式会社帝国データバンク釧路支店が集計した釧路・根室管内の漁業・水産会社の2016年度(平成28年度)売上高ランキングは、3期連続で増収の株式会社マルサ笹谷商店が7年連続でトップの座についた。


掲載日:2017.11.27

札幌市場生鮮商戦動向 生すじこ集荷健闘

 札幌市中央卸売市場の生すじこ取扱数量は水揚げが昨年の7割弱に落ち込む中、10月が昨年の8割など健闘している。ただ、量販店の大半は相場高から10月前半で特売をやめ、加工筋主体の荷動き。荷受担当者は「一般消費者の購入量は減少している」と指摘する。


掲載日:2017.11.27

東しゃこたん漁協 美国でウニ陸上蓄養

 東しゃこたん漁協は来年度、ろ過機能を備えた半循環式の活魚水槽でキタムラサキウニの陸上蓄養試験を行う。水温調節ができる活魚水槽で身溶けを抑制し、終漁後の9月中でも品質を維持できるかを調べる。


掲載日:2017.11.27

昆布森仙鳳趾 ホッキ、水揚げ低調

ホッキのこん包作業(17日、仙鳳趾地区)

 昆布森漁協仙鳳趾地区のホッキけた引漁は、水揚げがいまひとつなまま漁期後半に入った。漁模様は日間・漁場間差があり、漁獲対象となる成貝の少なさを指摘する声も。シケ早いことも悩みの種となっている。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る