電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道

新聞記事

北海道一覧

掲載日:2019.02.11

えりも町・マルデンの新商品シリーズ 「バル」で魚食訴求

バルスタイルで手軽に食べられる「デンバル」シリーズ


 えりも町の株式会社マルデン(傳法貴司社長、札幌支店011・622・5566)は、外食業態で人気の「バル」スタイルを家庭の食卓で楽しめるコンセプトの商品シリーズを打ち出す。野菜を組み合わせた総菜品も初投入。食べ切り、即食などの手軽さを兼ね備え、魚食の新たな需要層をつかんでいく。


掲載日:2019.02.11

道予算案 一般会計6%増277億円


 道は8日、2019年度予算案・18年度補正予算案を発表した。19年度一般会計予算案の水産関係分は277億571万8000円で、今年度当初比6.1%増。4月に知事選を控え、義務的経費や継続事業中心の骨格予算だが、日本海南部海域でのニシンやえりも以西太平洋海域でのマツカワの資源造成への取り組みに対する支援を新規(振り替え)に盛り込んだ。


掲載日:2019.02.11

函館市スルメイカ不振 高い依存度「やるしかない」

昨年も不漁が続いたスルメイカ(昨年7月、函館漁港)


 函館市漁協のスルメイカ釣漁は、水揚げが振るわず大半の船が11月で切り上げ、漁期終了の1月末を迎えた。数量は前年比39%減の404トン、金額は同33%減の3億4047万円に落ち込んだ。キロ平均単価は同9%高の843円だった。


掲載日:2019.02.11

函館・寺島商会 威力抜群の新型洗浄機

洗浄力をアップさせた新型のコンブ洗浄機


 株式会社寺島商会(函館市、寺島達則社長、電話0138・46・5527)の新型コンブ洗浄機「昆布フレッシャーKS─6」は、旧型より2本多い6本ブラシで洗浄力をアップ。加えて硬軟2種の毛を組み合わせたツートーンブラシを採用、コンブを傷めずに、泥や毛(ヒドロゾア)など付着物を除去できる。


掲載日:2019.02.11

尾岱沼 ホタテ活需要強く高値傾向

荷揚げされたホタテ。冬場はシートで覆い鮮度を保持する


 根室海峡共同海区のけた引は、2月から全5海域の操業を開始した。シケ早く定時操業は数日と苦戦する中、昨季同様、空貝も目立つため「計画達成は微妙な感じだがなんとかクリアしたい」と着業者。今後は日産280トン前後の水揚げが続く見通し。一方浜値はL、M中心の漁場で高値キロ400円台、S以下は活需要がけん引し300円前後と堅調だ。


掲載日:2019.02.11

日高中央スケソ刺網 年明け一転薄漁に


 日高中央漁協のスケソ漁は終盤に入った。今季は様似地区の刺網で昨年11、12月に好漁。ただ年明け以降はシケも絡んで薄漁に転じた。浜値は放卵や卵質低下に伴い弱含みで推移している。


掲載日:2019.02.04

網走湖ワカサギ安値

網走湖で水揚げされるワカサギ


 西網走漁協のワカサギは、つくだ煮原料に合わない大型サイズが例年より多く、浜値はやや安値に傾斜している。日産はハシリの3トン前後から2トン台に落ち込み、昨年を下回る出足となった。  網走湖の氷下引網は15日にスタート。ワカサギ振興会(会長・千葉裕司理事)の29人が9カ統で操業している。今季の豊度は低水準で、1カ統減の影響もあり日産2トン程度の水揚げ。


掲載日:2019.02.04

毛ガニ、今季も供給減


 北海道産毛ガニは今季も資源低下で供給量の減少が続く。日高は若干増枠だが、十勝・釧路が減産、3月に開幕する主産地のオホーツクも減枠で過去最低の許容漁獲量となる。一方、消流動向は全域的に小型傾向などで、昨年産の冷凍在庫は大・中サイズがほぼ消化され、価格形成は強含みの様相。連年の価格上昇で消流停滞のリスク感も強まっている。


掲載日:2019.02.04

オ海ホタテけた引 19年計画29万4800トン


 オホーツク海けた引漁の2019年水揚げ計画は前年実績比10%増の29万4800トンとなった。北部の宗谷、猿払村、南部の常呂が4万トン超え。12単協中8単協で増産を計画している。このうち3月から始まる漁場造成は1万トン台前半と見込まれ、昨年の3倍に増える見通し。


掲載日:2019.02.04

北海道加工食品コンクール 札幌・ふじと屋が知事賞

とうふホエイさけ


 北海道の食品メーカーが開発した商品の品評会「第26回北海道加工食品コンクール」(北海道食品産業協議会主催)で、札幌市の株式会社ふじと屋(電話011・787・4155)が商品化した羅臼産秋サケ使用の「とうふホエイさけ」が最優秀賞の道知事賞に選ばれた。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る