電子版 電子版サンプル

HOME > 全件表示 > 水産業向け

新聞記事

水産業向け一覧

掲載日:2019.11.18

釧路管内シシャモ出足低調

今後の水揚げ挽回に期待がかかるシシャモ(11日、白糠漁港)


 釧路管内のシシャモ漁は低調な出足となった。日量が伸びず、シケも重なり操業日数は昨年を下回っており、15日現在の水揚げ数量は、白糠漁協が前年同期比53%減、釧路3単協(釧路市、釧路市東部、昆布森)は同51%減。魚体組成はばらつき。浜値は昨年に比べ高値で推移している。着業者は「まだ漁場に群れがいない。水揚げのピークはもう少し先になりそう」と見込み、今後の挽回を目指す。


掲載日:2019.11.18

上位100社合計 4年ぶり増加/釧根管内漁業・水産会社売上高


 (株)帝国データバンク釧路支店が集計した釧路・根室管内の漁業・水産会社の2018年度売上高ランキングは、釧路市の㈱マルサ笹谷商店が9年連続のトップとなった。上位100社の売上高合計は前年度比2.8%増の2077億5100万円。ホタテの回復、イワシの好漁などで半数が増収を確保したほか、倒産企業の事業を継承した企業が新規に加わり、4年ぶりに前年度を上回った。


掲載日:2019.11.18

網走から 「から酒」文化発信


 網走市の(有)牛渡水産(牛渡正敏社長、電話0152・44・5084)は毛ガニやイバラガニの殻を使った「から酒(さけ)」(商標登録出願中)の普及に乗り出している。毛ガニのむき身を1尾まるごと盛り付けた看板商品「ケダマ」などの副産物を有効活用。地元飲食店で提供する業務用を皮切りに市販用商品も打ち出す。網走発祥の飲酒文化として発信、網走特産のPRや地域活性化につなげていく。


掲載日:2019.11.18

弁釜が札幌八軒工場を新設

札幌八軒工場


 米飯・総菜製造の道内大手・(株)弁釜(札幌市、山口彰久社長)は札幌市西区に札幌八軒工場を新設し、11月下旬に稼働を開始する。納入先のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」の道内店舗拡大を見据え、生産能力を増強。併せてフードロス(食品廃棄)の削減で取り組む消費期限延長の商品政策に対応、「長鮮度」の商品供給を拡充する製造設備・体制を整えた。人手不足の中、道内店舗数の6割を占める札幌エリアに地方工場分を集約することで生産の効率化にもつなげる。


掲載日:2019.11.18

防水ゴムと起毛の2重構造の防寒上着

保温性が高い起毛裏地のウェットジャンパー


 千葉県銚子市の森幸漁網(株)(森田健男社長、電話0479・22・4567)が製造・販売している防寒上着「ウェットジャンパー」は厳寒期の東北でマグロ延縄着業者から定評がある。ウエットスーツを改良して外側を防水ゴム、内側を保温性の高い起毛した生地で仕立てている。


掲載日:2019.11.18

水産庁、来季沿岸マグロTAC1817トン配分を提案


 水産庁は12日、クロマグロの2020年漁期(第6管理期間)のTAC設定に関する意見交換会を東京都内で開き、同期間の配分案を示した。小型魚3757トン(大臣管理漁業1606トン 、都道府県1805.4トン、留保345.6トン)、大型魚5432トン(大臣管理漁業3518.3トン、都道府県1817.3トン、留保95.4トン)と掲示した。同期間の配分については水産政策審議会に「くろまぐろ部会」を設置し、各漁業種の漁業者からヒアリングを行いながら議論したもの。


掲載日:2019.11.18

コープさっぽろで恒例の昆布販促実施

各種昆布製品を売り込んだ店頭販促


 釧路昆布普及協議会(山﨑貞夫会長)は9、10の両日、コープさっぽろで毎年恒例の店頭販促を実施した。同協議会を組織する道漁連釧路支店や生産漁協、市町の職員8人が「釧路の食べる昆布」を前面に試食やパンフレットを手渡しながらPR、各種昆布製品を売り込んだ。


掲載日:2019.11.18

「枝幸ほたて」地域団体商標登録を申請

シール付きの商品パッケージ


 枝幸漁協と枝幸水産加工協(19社)は、「枝幸ほたて」を地域団体商標登録に申請した。枝幸産ホタテのブランド力を高め、国内外の販路拡大につなげるのが狙い。商品パッケージにシールを貼ったり町内外イベントでのぼりを掲げ周知している。特許庁が2006年に創設した地域団体商標制度は、昨年末時点で645件が登録。北海道35件のうち水産食品は5件。2月末現在でホタテは登録されていない。「枝幸ほたて」は11月上旬に申請しており、登録までに1年ほどかかる見通し。


掲載日:2019.11.18

稚内スルメイカ、20尾中心に日量1000箱以上

中心サイズの20尾入れスルメイカ


 日本海北部のスルメイカは、礼文島のオカ寄りに漁場が形成され、11月に入り稚内港では日量千箱以上の水揚げ。中心の1箱20尾入れは1隻100箱前後に増えたが「終盤に入って多少見えている程度。今年は振るわなかった」とイカ釣着業者。発泡1箱5千~4千円台と高値基調で「値段に助けられている」と続ける。


掲載日:2019.11.18

10月末現在スルメイカ57%減

11月に入り定置でまとまった羅臼のスルメイカ


 漁業情報サービスセンターがまとめた10月末現在のスルメイカ(生)水揚げ状況によると、主要市場(26カ所)合計が3113トンで前年同期比57%減と低調に推移している。単価は同32%高のキロ667円と高値に付いている。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る