電子版 電子版サンプル

HOME > 2014年 > 2月

新聞記事

2014年2月の記事一覧

掲載日:2014.02.24

マダラ札幌市況、高値 道東連日シケ影響し品薄

着実に販売額を伸ばしている活じめマダラ

 北海道マダラは、鍋需要期の終盤を迎えているが、主産地の根室・釧路の道東方面が低気圧の停滞などでシケが多く、水揚げが安定していない。札幌市中央卸売市場では入荷が少なく、卸値は高値で推移している。


掲載日:2014.02.24

南かやべ漁協 ゴッコ盛漁期ひと月遅れ

シケのため水揚げが少なかったゴッコ(13日、安浦漁港)

 南かやべ漁協のゴッコ刺網は、地区によって差があるが、シケも絡んで全体的に水揚げペースが出遅れの展開。例年は1月に盛漁期を迎えるが、木直地区の着業者は「2月に入ってやっと上向き始めた」と話している。


掲載日:2014.02.24

岩手・広田地区のホタテ 新貝出荷開始、1連30キロも

3年ぶりの出荷となる広田地区の地種新貝(19日)

 岩手県・広田湾漁協広田地区のホタテで14日、大震災以来3年ぶりとなる地種養殖の出荷が始まった。震災前まで悩まされていたへい死が激減したうえ、殼長11.5~13センチと成長も良好な新貝だ。南浜(広田湾)では昨秋の沖洗いで付着物が減った効果も大きく、1連200枚つりで30キロという快調なスタート。北浜(大野湾)では2月15、16日のシケによる落下被害が気掛かりだ。


掲載日:2014.02.24

新ひだか町のみついし昆布 「塩こんぶ」が好評

お茶漬けや漬け物などにぴったりの「みついし塩こんぶ」

 日高産ミツイシを原料に各種昆布製品を製造販売する、みついし昆布株式会社(新ひだか町、磯貝節社長、電話0146・33・2006)は、昨年から「みついし塩こんぶ」(20グラム)を店頭販売、お茶漬けやおにぎり、漬け物、サラダ、炒め物など幅広く活用でき好評を得ている。


掲載日:2014.02.24

道漁連 EU輸出拡大へフランスでPR

道産ホタテを調理するフレンチシェフ

 道漁連は2月10日と12日、フランスで開かれたJETRO(日本貿易振興機構)主催のレセプション「日本産ホタテと日本酒マリアージュの会」で道産ホタテをPRした。バイヤーなど参加したフランスの関係者は、地元産や南米産と比べ品質の良さに好反応を示しており、道漁連では大きな手応えを感じて帰国。


掲載日:2014.02.24

宮城県のワカメ 盛漁期に大シケ直撃

 盛漁期を迎える宮城県産養殖ワカメを低気圧による大シケが直撃し、深刻な被害が発生した。2月8、9日と15、16日の2度にわたるシケで、気仙沼市階上地区の外洋漁場で7~8割、南三陸町志津川地区で5~8割の養殖施設が被害を受け、同町歌津地区では原藻換算1850トン、1億円を超える被害と推定された。


掲載日:2014.02.24

日昆アンケート 和食の文化遺産登録77%が「うれしい」

昆布アンケート

 日本昆布協会(田村満則会長)はこのほど、和食とだしについてのアンケートを実施した。それによると和食のユネスコ無形文化遺産登録は大半が「知っている」「うれしい」と回答、関心の高さがうかがえた一方で、普段使う「だし」は粉末・顆粒だし(かつお節)が最も多く、昆布は2番手。昆布に含まれる「うま味」が第5の味覚という認識も4割強にとどまった。


掲載日:2014.02.24

阿部長マーメイド食品 新シリーズ全国発売

「ajillo×アヒージョ」シリーズ

 気仙沼市の株式会社阿部長商店(阿部泰浩社長、電話0226・22・6666)は、新商品開発に積極的に取り組んでおり、2月から同社グループ会社より欧州風風味の新商品スペインバル「ajillo×アヒージョ」シリーズの3種を全国販売する。昨年よりグループ各社の店舗などで試験販売して好評なことから、全国展開となった。


掲載日:2014.02.24

マダラ活じめ出荷拡大

 マダラは、活じめ出荷も増えている。荷受の推進活動に加え、価格評価も得て手掛ける生産者が道内各地に拡大。札幌市場への入荷は数量、金額とも年々着実に伸びている。
 マダラの活じめは、平成16年にカネシメが生産者、荷主と連携して開始。翌年からマルスイも取り組んで、歯舞・昆布森・根室湾中部など道東をはじめ、日高・松前・ひやま・標津など道内各地に広がった。


掲載日:2014.02.24

活じめマダラさばいて体験 標津町と漁協が講習会

 「船上一本じめ」と銘打って、船上で生きているうちに血抜き・即殺処理した活じめ鮮魚のブランド化に取り組む標津町、標津漁協は17日、札幌市でマダラを使ったさばき方講習会を開いた。「身色がきれい」「生臭みがない」など「活じめ」の良さを消費者に体感してもらい、需要を喚起した。


このページのTOPへ戻る