電子版 電子版サンプル

HOME > 全件表示 > 一般向け > 合同会社が操業へ 定置・底建網の持続に道筋 佐井村漁協

新聞記事

合同会社が操業へ 定置・底建網の持続に道筋 佐井村漁協

2016年08月08日

青森県下北半島の佐井村漁協(坂井幸人組合長)で、企業の寄付などによる1億5千万円で合同会社3社の定置網や底建網の操業準備が進み、1社の水揚げが8月から始まる見通しだ。「神経〆」ヒラメなどの同漁協の魚の良さが評価されたのが契機。漁業者の高齢化と後継者不足が進む中、合同会社は、水揚げの増加と、協業化による続的な操業に導き、新規就業者の受け皿にもと期待されている

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る