電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 冷水機搭載、効果あり 鮮度落とさずタコ活出荷

新聞記事

冷水機搭載、効果あり 鮮度落とさずタコ活出荷

2015年01月26日

海水温が下がったため、船から取り外した冷水機(写真奥)など

 日高中央漁協浦河地区でタコ縄に着業する第18福丸(高桑金吾船頭、7.3トン)は、昨年9月に冷水機を搭載した。「海水温が下がらなかった」という12月まで活用し、漁獲後の鮮度保持・活出荷に貢献したほか、経費削減・労力の軽減にもつながった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る