電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手の定置マグロ 幼魚漁獲半減方針に困惑

新聞記事

岩手の定置マグロ 幼魚漁獲半減方針に困惑

2014年09月22日

岩手県で定置漁獲された「メジ」と呼ばれる30キロ未満のクロマグロ

 水産庁が来年からクロマグロの幼魚(30キロ未満)の漁獲上限を半減させる方針を示し、岩手県の定置業界に不満と困惑が広がっている。大型サイズの資源減少などから資源保護の必要性は感じながらも、混獲されるマグロ幼魚を生かして放流する技術がないからだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る