電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サロマ湖カキは歩留まり向上、浜値安定

新聞記事

サロマ湖カキは歩留まり向上、浜値安定

2021年02月01日

湧別漁協市場に出荷されたむき身


 サロマ湖産カキは、1月から湧別漁協中心の水揚げ。歩留まりは今季序盤から良好で、年明けの1年むき身は日量1トン前後と順調だ。2年殻付きも潤沢で、1月の水揚量は昨年を上回っている。一方1年むき身の浜値はキロ2千円前後~千円台前半。値幅は大きいがコロナ禍の影響は小さいものとみられ、着業者は一様に安どしている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る