電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城 志津川湾 あまころ牡蠣10万個へ

新聞記事

宮城 志津川湾 あまころ牡蠣10万個へ

2017年05月22日

生産拡大で販売に期待がかかる「あまころ牡蠣」

 宮城県南三陸町の志津川湾で16日、「あまころ牡蠣」の水揚げが始まった。天然採苗のシングルシード(一粒種)養殖で、事業化2季目。11人が昨シーズンの3倍超となる10万個の出荷を目標に、成長が良いこともあり水揚げを20日余り早めた。付加価値が高いうえ養殖期間が短いなど魅力が多く、うまく販売できれば新たな養殖に弾みがつく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る