電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > シャーベット氷で鮮度保持 研究グループ実証

新聞記事

シャーベット氷で鮮度保持 研究グループ実証

2017年01月01日

秋サケの魚体を覆って急速冷却するシャーベット氷

 魚槽の投入氷など秋サケの冷却でも活用されているシャーベット氷。定置業者は魚体を隙間なく包み込む微細氷で水揚げ直後に「氷じめ」し、高鮮度出荷に努めている。道立工業技術センター、室蘭漁協などの研究グループは、従来科学的情報が乏しかったシャーベット氷冷却後の魚体品質を検証。鮮度、衛生指標をもとに「初期冷却」の効果を明らかにした。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る