電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道昆振・北大など 胞子散布試験が前進

新聞記事

道昆振・北大など 胞子散布試験が前進

2016年11月14日

平面でまけるように改良した散布器具

 北海道昆布漁業振興協会や北大などが取り組むコンブ資源増産実証試験が前進している。胞子入りセルロース溶液を散布する手法で、えりも漁協平宇地区では散布由来のコンブが採取対象に。今季は新たに道南でも予定、徐々に実施地区も拡大している。また散布状況を確認しやすいように食紅入りセルロースを使ったり、散布器具の改良で作業効率化を図るなど技術向上にも注力する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る