電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手、カキ出荷本格化

新聞記事

岩手、カキ出荷本格化

2016年10月10日

大船渡市漁協赤崎支所清水かき組合の殻付カキ出荷作業

 岩手県のカキ出荷が1日の東京市場初売りに合わせ本格化した。身入りは昨季に比べ卵が残り遅れ気味だが、徐々に回復。価格は、むき身がハシリの小友産高値5万5000円(10キロ値)など良好でほぼ昨季並み。受注出荷の殻付はシーズン通し値で、各産地とも昨季と同一かそれ以上を求めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る