電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 帯広地方卸売市場 マツカワ消流定着

新聞記事

帯広地方卸売市場 マツカワ消流定着

2016年10月10日

大樹漁協荷捌施設内の活出荷用タンク

 帯広地方卸売市場株式会社(山室俊晴社長)が平成24年から力を入れている十勝産マツカワの流通対策が定着してきた。活魚・活じめ・生鮮に加え、冷凍フィレーの生産で需要に対応。地元の回転ずしやスーパーに加え、本州の業務筋にも販路を確立。今季は試験的に活魚を長期蓄養し、年末の需要に応えていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る