電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 頓別漁協ホタテ/漁場を900メートル沖出し、シケ被害回避へ

新聞記事

頓別漁協ホタテ/漁場を900メートル沖出し、シケ被害回避へ

2015年10月05日

漁場を沖出しする頓別漁協のホタテ水揚げ作業

 昨冬の大シケでホタテの減産を余儀なくされた頓別漁協は、ことしから漁場を0・5マイル(約900メートル)沖出しする。萬屋昭男専務は「沖合に移動しても水深は50~60メートルと成育に問題のない深さ。シケによるダメージを少しでも軽減できれば」と話している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る